天王山周辺森林整備作業

2024年4月5日

  • 活動時間:10時~14時30分
  • 天候:曇
  • 参加者:9名

本日の作業予定

  • 中央エリアの生育状態観察、主幹直径測定
  • 中央エリアの雑木処理/li>
  • 東エリア(放置竹林)のタケ間伐、枯れ竹整理

作業結果

中央エリア
  • ネットが2カ所で大きく破られていた。数カ所にシカの糞がかたまって落ちていた。 破られたネットの補修をした。
  • サクラの新たな主幹折損が数本あった。折損面を鋸で平滑にしトップジンを塗布した。 激しい皮剥ぎもあり、トップジンを塗布した。実生のカエデも枝折に遭った。
  • 種子から育ててきたサクラが1本だけだが花を着けた(オオシマザクラ⑥)。種子の 発芽から2年で花を着けたのは予想外の早さ。来年は何本咲くかと期待がふくらむ。
  • 今年の春夏における成長を知るために、サクラ全木の主幹直径を測定した。 地上1.2m での主幹直径を測ることを基本としたが、折損のため主幹が1.2m に届かな い個体については、主幹に代わる枝の直径および、折断部に近い枝が出ている 位置の直下の主幹直径を測定した。(データは別途)
  • 大山崎町から提供を受けたソメイヨシノの№1~№3が開花した。№4は色づいたつ ぼみは認められなかった。
  • 実生のクロマツが4年目を迎えた。
  • 昨年、遊歩道に植えた実生のコブシが枯れずに展葉した。
中央エリア
  • 枯れ竹の整理を行った。
  • イノシシはタケノコを賞味しているようだが、我々は収穫できなかった。

2024年4月19日

  • 活動時間:10時~14時30分
  • 天候:晴
  • 参加者:12名

本日の作業予定

  • 中央エリアの観察(植物、動物糞、柵ネット等)
  • 中央エリアの不要木、笹状タケ等の処理
  • 西エリア、東エリアの枯れ竹処理、間伐
  • タケノコ駆除

作業結果

中央エリア
  • 中央エリアは、サクラが柔らかい緑色の葉を展開して、清々しい。
  • 但し、下層は全体にクサイチゴが群生。下部はカタバミが群生。
    また、東隣の竹林との間の柵から6mぐらいのエリア間に筍がたくさん出ている。
  • 東側の竹林との間の柵のネットが空いていたので、応急補修。
  • 陽の当たらないところでも、コブシは育っています。
  • 昼食(12:00~12:30)を挟んで、昼からはタケノコ掘りを実施。
  • その後、午前の作業の続き、その他の作業を行う。
南入口の竹補修
 
中央エリア途中の
階段を応急補修
  • ソメイヨシノNO.4のカイガラムシ、NO.1~NO.3はこれほど酷くはない。

咲いていた花

ハハコグサ
作業地のキリ